美しき日本の和婚の継承

日本の結婚式(和婚)ユウベル

日本において結婚式の歴史は古く、「古事記」や「日本書紀」などの書物にも登場し、和婚として平安時代から江戸時代、そして現在へと普及してまいりました。結婚式も教会式という欧米化の流れはありますが、「和食」がユネスコ無形文化遺産へ登録され、その保全や次世代へ継承するためのプロジェクト活動が始まっています。
「和婚」も日本の美しい結婚式・伝統・儀式を次世代へと継承するプロジェクトをユウベルグループは情報発信いたします。

和婚プロジェクトについて

ユウベルグループは和婚を継承していくために、次の儀式を大切にしてまいります
神前式とは神道の神に対して神社にて結婚の報告をする儀式のことです。
雅楽や白無垢などの和装、三三九度や玉串奉奠など日本古来の伝統を重んじた挙式です。
また神前式では結婚を家と家の結びつきであるとするため、両家の親族すべてが二人の結婚により結びついた事になり、そのことを神々に報告をするという意味あいもあります。
将来結婚する約束、すなわち婚約が成立する意味で品物などを両家で取り交わすこととされています。
本来は仲人が両家の仲立ちをするものなのですが、現在は仲人をたてない略式結納と呼ばれるものが多くなっています。
媒酌人とは、結婚式や披露宴における仲人のことです。
媒酌人は結婚式の立会人であり披露宴で新郎新婦の紹介をする役目や、式の報告や祝杯の発声などをします。
仲人は媒酌だけでなく、縁談の世話人、結納の使者も務める役割だが、媒酌人=仲人を意味している場合もある。
一般的には、新郎の上司や学生時代の恩師などで、結婚している夫婦に依頼をする。
花嫁が婚礼の支度をすべて整え、挙式に向かう直前に、自分の両親にこれまでの感謝と親子としての最後の会話を交わすことをいいます。
花嫁は実家で花嫁支度をおこなうのですが、結婚式の当日は母親をはじめ家の人たちは婚礼行事に専念するため、その家の家事全般はご近所の女性たちが手伝いに集まってくれていたようです。
神前式の挙式で行う儀式のひとつで、厳かな雅楽や太鼓が境内に響き渡るなか、神職や巫女に先導され、新郎新婦と参列者が神殿まで進んでいくこと。
参列者や新郎新婦の気持ちを整え、足並みを揃えるための重要な儀式です。
振袖の中でも最も袖丈の長いものを大振袖とよびます。
袖丈が3尺~3尺3寸(約124~114cm)でくるぶしまであるような長いもので、とても格式のある振袖です。
現在では袖丈105cmくらいのものも大振袖とよぶことがるようです。

八重垣神社

日本最古の結婚式を行ったと言われる神聖な場所

美しき日本の和婚の継承
 「早く出雲の八重垣様に、縁の結びが願いたい」という出雲の古い民謡の一節からもわかるとおり、八重垣神社は出雲の縁結びの大神として知られています。八岐大蛇退治で名高い素盞嗚尊と、国の乙女の花と歌われた稲田姫命の御夫婦が主祭神となります。その御祭神を始め六神像が描かれた壁画が元々御本殿にあり、古色蒼然雄渾な筆力は神社建築史上類例のない壁画と推賞され、国家より重要文化財の指定を受け、現在は安全な宝物収蔵庫で公開し、専門家や拝観者の絶賛の的となっています。
八重垣神社
鏡の池
 縁占いの池としても有名な鏡の池は、稲田姫命(いなだひめのみこと)が日々水を召し上がり、姿を映したといわれており、縁結び、心願成就占いの池として占い用紙に硬貨を乗せて浮かべ縁を占います。鏡の池には、縁の遅早を占う多くの人の姿でにぎわっています。
八重垣神社
夫婦杉/連理玉椿
「夫婦杉」
 佐久佐女(さくさめ)の森、鏡の池の上側斜面にそびえ、この杉の周りに八つの垣(八重垣)を作り、素盞鳴尊(すさのおのみこと)と稲田姫命が、八岐大蛇(やまたのおろち)から身をお隠しになられたといわれています。
「連理玉椿(れんりたまつばき)」
 別名を夫婦椿ともいい、根は別々の二本の椿が一本の木となって花をつける国内でも珍しい玉椿です。
八重垣神社
板絵著色神像(本殿板壁画)3面
 御神体を囲む三方の板壁に描かれていたもので、藤原期(893年)の作と伝えられ、神社壁画では希有なものです。この板壁画は、もともとは八重垣神社本殿内にあり、杉板数枚を横に並べ表面を白土で地塗りして六柱の男女神像を描いています。現在は宝物殿で見ることが可能です。
八重垣神社
八重垣神社
 御祭神は、八岐大蛇退治で名高い素盞鳴尊と、国の乙女の花と歌われた稲田姫命が祀られ、古来から縁結びの大祖神(おおおやがみ)の社として崇められています。ご利益は、縁結びのほかに、夫婦和合、授児、安産、厄難除、災難除等があります。

八重垣の地で行う本格挙式

八重垣神社認定の結婚式場
八重垣神社
八重垣での本格披露宴を「グランラセーレ八重垣」で

グランラセーレ八重垣

 日本最古と語り継がれる婚礼の地八重垣神社の横に位置する松江の結婚式場「グランラセーレ八重垣」。長年にわたる八重垣神社様とのお付き合いの中で、ここでしか叶えることができない神聖なる和婚を実現に。
 八重垣神社・聖地認定の結婚式場にぜひお立ち寄りください。
公式HPはこちらから

八重垣神社 ギャラリー

ユウベル神前式場のご紹介

和婚・神前式の継承

昨今人気が高まりつつある神前式場
ユウベルグループの結婚式場では、グランラセーレ八重垣をはじめ計12式場で本格的な神殿を設けております。近年は、神前式の人気が高まりつつありユウベルグループとしても、引き続き和婚を大切に守り続けて参ります。
美しき日本の和婚の継承
SOUND OFF 和婚 Enter